MENU

BLOG

Grow Groupスタッフから様々な情報発信

ホームブログ【知って得する】マーケティングがホームページ集客に繋がる理由とは?

【知って得する】マーケティングがホームページ集客に繋がる理由とは?

ホームページのPV数を増やすために情報を探していると“Webマーケティング”という言葉を1度は目にすることでしょう。マーケティングという言葉は聞いたことがあるけど、Webマーケティングって何?という方も多いのではないでしょうか。今回は、Webマーケティングの基本的な解説から活用ポイントなど詳しくご紹介していきますので、なぜホームページ集客に繋がるのか気になる方は最後まで読んでみてください。

そもそもWebマーケティングとは何か?

Webマーケティングとは、Web上でモノが売れる流れを構築する活動です。本来、マーケティングは飛び込み営業など、売り込みをしなくても売れる状態を作ることになります。それのWeb版と理解すればいいのではないでしょうか。

現在、Webマーケティングの手法は昔に比べて非常に多くなりました。そのため、さまざまな手法の中から選択して、モノが自然に売れる流れをWeb上で構築できるようになっています。ここでは、手法について詳しく解説しません。気になるという方はこちらのページで解説していますので、ぜひ参考にしてください。

もちろん、Webマーケティングは非常に重要であると言われています。それを象徴するように、経済産業省における調査で、個人向けのインターネット市場は9.5兆円、企業向けの市場においては262兆円という結果となっています。そして、現在でも市場は拡大傾向にあると言われており、とても重要なことがおわかりいただけるでしょう。

Webマーケティングにはどのようなメリットがあるのか知りたいという方もいるのではないでしょうか。こちらのページで詳しく解説していますので、気になる方はチェックしてみてください。

Webマーケティングの目的

Webマーケティングには、いくつかの目的があり、その目的のために実際に取り入れている企業や個人が多いです。どのような目的があるのかを詳しく解説していきます。

 

顧客を集客すること

最大の目的は、顧客の集客率アップです。基本的には、コンテンツを制作してWeb上でお客さんになってくれる人を呼び込みます。そして、訪問してくれた人の中にはサービスや商品に興味を持ってくれる方もいるので、そのような人たちを顧客として集客できるわけです。

 

顧客の接客が目的

接客もWebマーケティングの目的です。接客をするためには、何らかの方法で顧客を獲得する必要があります。そして、獲得することができたら、お問い合わせやチャットで接客ができるというわけです。実際に接客目的でお問い合わせやチャットをホームページで構築しているところも多く、接客目的でWebマーケティングをしていることがわかります。接客をすることで販売促進を促すことができますが、そのほかにも顧客に合ったサービスや商品を勧められる、顧客との信頼関係を構築できるなどのメリットを期待できるでしょう。

 

リピーターの獲得

リピーターの獲得もホームページでWebマーケティングをする目的のひとつです。Webマーケティングをすることで、サービスの終了を迎えた人や商品を購入した方がホームページに再訪問し、再び商品やサービスを購入してくれる可能性があります。つまり、Webマーケティングをしておくことで、新規顧客だけでなく、リピーターの獲得も期待できるというわけです。

Webマーケティングをうまく活用するためのポイント

Webマーケティングで効果を得るためには、どのように活用すればいいのか知っておく必要があります。ここでは、うまく活用するためのポイントを詳しく解説していきます。

 

詳しく調査をする

1つ目のポイントは、調査を綿密に行うことです。調査をすることで、どのようにWebマーケティングをしていけばいいのかが理解できるようになります。調査で行うことは、下記の3つです。

 

・消費者調査
・市場調査
・競合の調査

 

消費者調査

消費者調査では、自社で提供している商品やサービスを購入する前、消費者は何を検索しているかチェックします。これにより、どのようなキーワードでコンテンツ制作をすればいいのか、リスティング広告を利用するためのキーワード選定などに役立てられるでしょう。

 

市場調査

2つ目は市場調査です。市場の中には、急成長しているところもあれば、落ち込みがちなところもあります。もちろん、高利益を獲得するためには、成長もしくは急成長分野の市場に足を踏み入れることが求められるでしょう。そのため、その市場は成長する可能性があるのかしっかりと調査しておく必要があります。

 

競合調査

3つ目は競合調査です。同じ市場で活躍している企業をピックアップして、どのような施策を行っているのかなどを調べます。

 

テストをすること

そのほかのうまく活用するポイントは、テストをすることです。Webマーケティングの施策は、テストすることが重要になります。例えば、自分なりに考えたキーワードがあるとします。そのキーワードでコンテンツ制作を作った場合、どのぐらいの顧客を獲得できるのかテストをします。

実際のマーケティングにおいては、プロモーションをしたりしますが、Webマーケティングでは、何かのツールを使ってテストをすることが多いです。例えば、上記の例ではキーワードプランナーを使用して、選定したキーワードで月間どのぐらいのアクセス数が見込めるのかを調べたりします。

 

消費者との信頼関係を意識する

Webマーケティングをうまく活用するためには、ホームページの利用者とどのように信頼関係を構築するのかが鍵になります。もし、信頼関係を築けていなければ、注文を得ることはもちろんのこと、お問い合わせや記事を読んでもらうことすらできません。逆に、信頼関係があれば、少ないアクセス数でも利益を獲得することができますし、リピート率も高くなります

失敗しないために知っておきたいこと

Webマーケティングは低コストでできますが、お金をかけるケースが多いため、失敗したくないと思うのは当然の心理でしょう。失敗しないためには、下記の点に注意してWebマーケティングに取り組むようにしてください。

 

すべての手法を知っておく

失敗しないためには、手法を知ることです。手法を知ることで、自分たちのホームページにはどのような手法が向いているのかを把握することができるため、失敗しづらくなります。先程も少し触れましたが、手法を知らない人はこちらのページを参考にしてください。

 

Webマーケティングに関する知識を習得しておく

Webマーケティングに関する知識を身につけておくことです。経験の少ない素人がWebマーケターの真似をしても結果を出すことは難しいでしょう。書籍を読んだり、セミナーに参加したりして、正しい知識を身につけてください

 

難しいならWeb制作会社に任せるのもアリ

知識の習得には時間が必要です。そのため、短時間で成果を出す必要があるという方は制作会社を利用するという方法もあるでしょう。制作会社には、エンジニアやWebコンサルティングなどが所属しているため、プロのWebマーケティングを実施することができます。興味のある方はこちらのお問い合わせフォームからご相談してみてください。

まとめ

ホームページから集客を得る場合、マーケティングは欠かすことができません。成果がもっと欲しい、さらにアクセス数を伸ばしたいという方はWebマーケティング方法の見直しをおすすめします。

6月5日に弊社エンジニアが執筆した「WordPress標準デザイン講座」が出版されます 6月5日に弊社エンジニアが執筆した「WordPress標準デザイン講座」が出版されます

この記事を書いた人
Webディレクター 畑中 孝仁

GrowGroup株式会社のディレクターを行っている畑中です。
主にマーケティングやアクセス解析を中心としてご提案から、サイト制作のディレクションを担当しております。

一覧へ戻る