MENU

BLOG

Grow Groupスタッフから様々な情報発信

ホームブログWebマーケティングの魅力は?メリットとデメリットをチェックしよう!

Webマーケティングの魅力は?メリットとデメリットをチェックしよう!

Webマーケティング / 2019.06.16/ 畑中 孝仁

ホームページやオウンドメイドサイトなど、Webサイトの運用者が必ず耳にするのがWebマーケティングという言葉です。聞いたことはあるけれど、具体的にどのようなものなのか把握していないという方も多いのではないでしょうか。今回は、Webマーケティングについて深掘りして詳しく解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

Webマーケティングとは?

Webマーケティングとは、Webを利用して行われるマーケティングのことで、一般的にWebサイトやWebサービスを利用します。Webマーケティングでは、Webを活用して売り込みなどの販売活動をしなくても自然に商品を購入してもらえる状態を目指しています。

Webマーケティングのメリットとは?

早速、ほかのマーケティング手法に比べてどのようなメリットを獲得できるのかチェックしていきましょう。

 

あらゆる方たちに配信ができる

メリットとして挙げられるのが、様々な人達に向けて配信することができる点です。例えば、もし地方情報誌ならその地域の人達だけに情報を配信することになります。また、雑誌などの全国紙でも配信できる情報は日本に限られます。一方、Webマーケティングは、インターネット通信環境が整ったさまざまな国々に情報を提供することができます。世界中に情報を伝えられるので、コンテンツを提供できる場所が制限されないという点がメリットとなるでしょう。

 

素早く情報を配信できる

情報配信までのスピードが早いという点もメリットです。Webマーケティングを行うときは、Webサイトを立ち上げる必要がありますが、ほかのマーケティング方法に比べて手軽なため、すぐに情報を配信できるようになります。もし、制作会社を利用すれば、プロ集団がWeb制作をしてくれるため、さらに時間を短縮させられます。

 

修正を簡単に実行できる

公開したコンテンツは、管理画面ですぐに編集をすることができます。例えば、イベント開催日が変更になったときでもすぐに日付を編集できるため、修正を簡単に行える点もメリットとなります。

 

少ない費用で情報を配信できる

あまり費用がかからない点もメリットです。Webマーケティングにかかる費用は、ホームページ制作料金やサーバー費用、ドメインとなります。サーバー費用は月々数千円の支払いで済ます。また、ドメインも年間5,000円以内で契約することが可能です。さらに、ホームページ制作も数十万円で対応してくれる制作会社が多くなっています。ちなみに、こちらのページでは、WordPressを使ったホームページ制作費用に関してご説明していますので、興味のある方はチェックしてみてください。

もし、ほかの方法で商品を紹介しようと思うとこれ以上費用が必要になるケースが多いです。そのため、Webマーケティングなら少ない費用で商品やサービスを紹介することができるでしょう。

 

ターゲットを細かく設定できる

ターゲットの絞り込みができるという点もメリットになります。世界に情報を配信できることが魅力ですが、キーワードを地域性の高いものにしたり、ロングテールキーワードを使用したりすることで特定の地域の方たちや商品を紹介したい性別、年齢層に合ったユーザーを検索エンジンから集客することができます。そのため、20代の女性にシャンプーを紹介したい、50代男性に育毛剤を売りたいという要望にも応えられるマーケティング手法になります。

 

Webマーケティングのデメリットとは?

逆にデメリットはあるのでしょうか。早速チェックしていきましょう。

 

地域に密着したサービスは利用しづらい

もし、地域に密着して事業をしているなら、Webマーケティングで効率的に成果を得ることは難しい可能性があります。例えば、商品やサービスを提供する地域が限定されている場合、その地域以外の方がホームページを見ても商品やサービスを購入することができないため、効率的に成果を獲得できないこともあります。

 

スキル習得が必要

Webの知識やスキルが求められる点はデメリットになります。自社や個人で行うとなると、Web制作やSEO対策など、最低限のスキルが必要です。そのため、Web初心者の方が個人で行うと思い通りの成果を獲得することが難しくなります。しかし、制作会社に依頼するなど、プロにお任せすることでこのデメリットは解消されます

 

トレンドを把握する必要がある

スキルを習得することもデメリットですが、Webのトレンドをしっかりと把握し続ける必要があります。Web業界で使われる技術は移り変わりが激しく、それらに追いつく努力をしなければ最先端の技術を駆使してWeb制作をすることは難しくなります。

 

Webマーケティングを学ぶためにはどうすればいい?

時間に余裕がある人の中には、これからWebマーケティングを学びたいと思われている方も少なくないでしょう。ここでは、学習方法をいくつかピックアップしていきます。

 

大学で学ぶ

大学にはマーケティングを教える学部があります。その中に単科でWebマーケティングを学ぶことができるところもありますので、大学で1から学ぶことが可能です。大学で学ぶことで、学位を取得することができます。また、マーケティングについても詳しく学べるので、その知識をWebマーケティングに活かして施策を練ることが可能となります。

 

企業でマーケティングを学ぶ

制作会社などに務めて学ぶというのが一般的です。Web施策会社やSEO対策を行っている会社などに勤務することで、実際にプロが使用している手法を身に付けることができます。

 

これからWebマーケティングの需要はある?

結論から述べれば、将来性は非常に高いと言えるでしょう。その根拠のひとつとして、人々がインターネットを利用しなくなることは考えづらいからです。現在では、インターネットは我々の一部であり、悩みごとなどを調べるツールとして確立しています。そのため、今後もWebサイトは閲覧される機会が少なくないため、将来性が高いと言えます。

Webマーケティングで見に付く能力とは?

では、実際にWebマーケティングを習得することで、どのような能力を身に付けられるのでしょうか。

 

顧客行動の分析

身に付く能力として挙げられるのが、顧客行動分析です。基本的にマーケティングは顧客のニーズなどを調べて戦略を立てます。また、購入しなかった方、リピートしてくれなかった人の顧客行動の背景を調べるため、顧客行動分析が高くなります。

 

市場の分析

市場分析能力を身に付けられます。例えば、商品を売る前に、どのようなターゲット層に人気があるのかを調べます。そして、その情報を元にコンテンツ制作をしてターゲット層にアピールをします。Webマーケティングにおいても市場の分析は必要不可欠なため、市場分析能力を高められます。

 

仮説の設定力

成果を獲得するためには、市場分析や顧客分析のデータを元に仮説を立てて検証を繰り返します。そのため、仮説の設定能力も身に付けられる可能性があります。

まとめ

今回は、Webマーケティングについての解説をしました。費用を削減できたり、世界中に配信できたりするなど、数多くのメリットがありましたが、誰でも簡単にできる手法ではありません。そのため、効率的に成果を獲得していきたい人は、制作会社など専門の企業への依頼を検討するといいでしょう。

Webマーケティング / 2019.06.16 / 畑中 孝仁

6月5日に弊社エンジニアが執筆した「WordPress標準デザイン講座」が出版されます 6月5日に弊社エンジニアが執筆した「WordPress標準デザイン講座」が出版されます

この記事を書いた人
Webディレクター 畑中 孝仁

GrowGroup株式会社のディレクターを行っている畑中です。
主にマーケティングやアクセス解析を中心としてご提案から、サイト制作のディレクションを担当しております。

一覧へ戻る