MENU

BLOG

Grow Groupスタッフから様々な情報発信

ホームブログWordPressとSNSを連携させられるおすすめのプラグイン6選!

WordPressとSNSを連携させられるおすすめのプラグイン6選!

WordPress / 2019.04.26/ 畑中 孝仁

現在、世界中で多くの方が使用しているのがSNSです。幅広い人たちに情報を発信することができ、便利なツールとして人気を集めています。今回は、WordPressでブログなどを運営する場合に入れておきたいSNSとの連携に役立つプラグインを紹介するので、探している方は参考にしてみてください。

SNSとは?

そもそもSNSとは、「ソーシャルネットワーキングサービス」のことを言い、これを利用すれば利用者が発信した情報が拡散されるような仕組みで作られています。代表的なもので言えばFacebookやTwitterなどがあげられます。これらのSNSは全て無料で利用することができるため、幅広い年齢層の方が情報を発信するために利用しています。WordPressと連携させることによって、ネットサーフィン以外からのアクセスも見込めるため、集客アップにもつながるなど様々なメリットがあります。これからWordPressを始めるなら連携について考えた方が得られるメリットは多いでしょう。

プラグインを導入する前に確認したいこと

WordPressに導入できるプラグインは数が多く無限に入れることができますが、注意点も大きく分けると2つあるので、連携をさせる前に確認をしてみてください。

 

プラグインの導入数に気を付ける

プラグインを導入しすぎることのデメリットとしては、エラーや速度が遅くなる原因の一つとなることです。便利な機能のものが多いですが、それらをいくつも入れることでトラブルに繋がることもあるので、最低でも10個以内に抑えるようにしましょう。自身が運営していくWordPressに本当に必要なものだけを入れることをおすすめします。

 

予めバックアップを取る

SNSと連携ができるプラグインはいきなりインストールして導入しても問題はありませんが、サーバーの環境によってはエラーが発生する恐れもあるため、安全対策として予めバックアップを取ることをおすすめします。また、テスト環境を用意しているという場合は、そちらを利用した方がスムーズに導入することができるでしょう。

WordPressとSNSを連動させられるおすすめプラグインを紹介

これからプラグインの導入を検討されている方のために、ここでは具体的におすすめできるものを6つ紹介していきます。利用したいと思うものがあればダウンロードして実際に使用してみてください。

 

シェア・フォローボタンを利用できるAddToAny Share Buttons

AddToAny Share Buttons

「AddToAny Share Buttons」は、シェアボタンやフォローボタンを利用することができるプラグインです。連携できるSNSの数は多く、100以上のボタンを使用できます。日本で頻繁に使用されているものとしては、LINE、Facebook、Twitter、はてなブックマークなどがありますが、これらのSNSとも連携が可能です。
また、カスタマイズ性にも優れているのが特徴の一つで、表示の内容や順番、サイズなども好みに変更することができます。自身が書いたブログなどをシェアしてもらいたい場合などは利用について検討してみてはいかがでしょうか。

 

アイコンを表示できるSimple Social Icons

Simple Social Icons

「Simple Social Icons」は、SNSへリンクさせるためのアイコンを表示できるプラグインです。初心者にも簡単に導入できることから多くの方から利用されています。アイコンは自身で自由にカスタマイズすることができ、例えばアイコンの色やサイズなどを好みに変更可能です。また、ウェジェットで左右や中央揃えなど簡単に設定することもできるので、導入してからのカスタマイズが不安という方でも使用しやすくなっています。アイコンも15種類と豊富に用意されているため、好みのデザインを選ぶことができます。

 

インスタグラムの写真や動画を表示できるInstagram Feed

Instagram Feed

SNSの中でもInstagramを頻繁に使用する方向けにおすすめのプラグインが「Instagram Feed」です。日本語は非対応となっていますが、導入することで自身のInstagramに投降した写真や動画をWordPressのサイドバーや記事内に表示させることが容易になります。Instagramの情報をブログなどでも発信していきたいという方にはおすすめです。また、写真ギャラリーなども表示させられるので、読者にInstagramの存在をアピールすることができ、フォロワーなども増やせるなど魅力的なプラグインです。
導入後はショートコードなども利用できるため、初心者でも操作が簡単な点も人気の理由の一つです。

 

SNSに更新情報を自動投稿できるSocial Networks Auto-Poster

Social Networks Auto-Poster

「Social Networks Auto-Poster」は、ブログなどを更新した際、その情報を自動でSNSに投稿してくれる便利なプラグインです。FacebookやTwitter以外にもInstagramなど様々なSNSに対応しているため、日本でも多くの方から利用されています。「Social Networks Auto-Poster」は、一つのアカウントだけではなく複数のSNSに更新情報を配信できるため、ブログ運営者の負担を軽減できます。SNSに自身が執筆した情報を楽に公開したいと思っている方はダウンロードをおすすめします。

 

過去の記事をランダムでSNSに投稿できるRevive Old Post

Revive Old Post

「Revive Old Post」は、過去に執筆した記事などをランダムでSNSに投稿することができる便利なプラグインです。導入することによって全て自動化でランダム投稿できるため、SNSからの集客も見込むことが可能です。特に記事数が多い場合で過去記事があまり読まれておらず、アクセス数をもっと上げたいと思っている際には利用すると便利なプラグインです。Webサイトをもっと活性化させたいという方にはおすすめのプラグインとなっています。

 

記事の反響を効率よく把握できるSocial Metrics Tracker

Social Metrics Tracker

「Social Metrics Tracker」は、WordPress上で公開している記事の反響を効率よく確認できるプラグインです。具体的にSNSで記事をシェアした数やアクセス数、コメント数がWordPressの管理画面からチェックすることが可能になります。Facebookなどの有名なソーシャルメディアをはじめ、グーグルアナリティクスなどにも対応しているプラグインです。自身のサイトを分析することは今後の成長にも役立たせることができるので、反響の見える化を実現させたい人は利用を検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回はWordPressとSNSを連携させる際に導入しておくと便利なプラグインについて紹介しましたが、インストールすることによって自身のWebサイトを多くの方にアピールできるだけではなく、運営者の負担なども軽減できる可能性が高くなります。注意点を守れば導入して損はしないので、これを機にSNSを利用したい方は紹介したプラグインもチェックしながら自身のサイトに合うものを選んでみてください。

WordPress / 2019.04.26 / 畑中 孝仁

6月5日に弊社エンジニアが執筆した「WordPress標準デザイン講座」が出版されます 6月5日に弊社エンジニアが執筆した「WordPress標準デザイン講座」が出版されます

この記事を書いた人
Webディレクター 畑中 孝仁

GrowGroup株式会社のディレクターを行っている畑中です。
主にマーケティングやアクセス解析を中心としてご提案から、サイト制作のディレクションを担当しております。

一覧へ戻る