MENU

BLOG

Grow Groupスタッフから様々な情報発信

ホームブログデザイナーの横の軸を広げよう!

デザイナーの横の軸を広げよう!

デザイナー / 2017.06.28/ きなこ

はじめまして、

growgroup デザイナーのきなこです。

どらず

まけず

つこつと

ブログを書いていきたいと思います。

よろしくお願いいたします!!!

 

記念すべきブログ1回目ということで、え~、わ~、なに、書っこ~、、、と焦っておりますが

まずは自分の職業である「デザイナー」とはなんぞやということを再認識しながら書いていこうと思います。

 

デザイナーって?

wikipediaさんによると

デザイナー(英: designer)は、視覚領域において意匠計画や図案、設計を手掛ける人のこと。

日本で単に「デザイナー」という場合、主に視覚的な設計を行う人物を指すことが多い。

だそうです。ザクッとしております。

デザイナーの仕事は、

「物や事に特定の働きをさせるため、見た目や機能を企画・設計・構築すること」です。

デザインは問題解決であり、デザイナーはクライアントの代弁者とも言われます。

デザイナーの仕事は、きれいなものを作ることでも、きれいな色を選ぶことでも、美しいカタチを披露することでもなく、

「問題をどうやって解決するか」「クライアントの思いをどのようにユーザーに伝えるか」「その為にどんなデザインでアプローチするのか」を考えることだと思います。

 

デザイナーには様々な種類がある

一口にデザイナーといっても様々な種類のデザイナーがいます。

どのようなものがあるのでしょうか、主なデザイナーの種類を簡単にご紹介したいと思います。

グラフィックデザイナー

グラフィックデザインとは文字・写真・イラスト・図などのグラフィック要素を組み合わせてデザインすることの総称で、ポスター・

新聞・雑誌・看板・パッケージなど多岐にわたるデザインをします。

映像や Webサイトではなく、主に印刷媒体のデザイン制作者を指します。

 

DTPデザイナー

DTPとはDesk Top Publishingの略で、

コンピュータの画面上で文字原稿・写真・図などをレイアウトして印刷物を手がけていくデザイナーです。

 

エディトリアルデザイナー

紙媒体で、書籍などの 文章メインの出版物をデザインします。

編集者の意図に沿い、文字・ 写真・ 図などの素材を読みやすく、 美しくレイアウトする仕事です。

 

インダストリアルデザイナー

工業製品のデザインを手がけるデザイナーのことで、家電やボールペン、自動車や飛行機に至るまで、あらゆる製品をデザインします。

機能性やコストだけでなく、安全性にも大きな配慮を求められます。

 

Web デザイナー

Webサイトの目的とターゲットを明確にし、サイトをデザインしていきます。

原稿の整理やエンジニアとの調整などWebディレクター的役割をすることもあります。

 

イラストレーター

広告・雑誌・カタログなどといった印刷物やwebにイラストやキャラクターを描くといった個性やセンスが求められるデザイナーです。

作家や画家と異なり、クライアントの希望に沿ってイラストを描く必要があります。

 

ファッションデザイナー

服飾・ファッションの分野を専門とするのがファッションデザイナーです。

流行を読む力やマーケティング、商品化する実務的なスキルやプレゼンテーション能力も必要とされます。

 

インテリアデザイナー

室内の演出やインテリアの空間構成など、建物の内装企画・設計を行います。

また、目に見えるものだけではなく、音や温度まで、トータルで監修し演出します。

 

 

まだまだ他にも、

テキスタイルデザイナー、ジュエリーデザイナー、空間デザイナー、エクステリアデザイナー、ゲームデザイナー、

環境デザイナー、UIデザイナー、プロダクトデザイナー、CGデザイナー。。。。

たくさん分類することができます。

時代が進むにつれ、新しい「〇〇デザイナー」も出てくるかと思います。

 

縦の軸だけでなく横の軸も広げていこう

たくさん種類をあげましたが、どの職種も基本的な目的は初めに述べた「問題をどうやって解決するか」「クライアントの思いをどのようにユーザーに伝えるか」 「その為にどんなデザインでアプローチするのか」を考えることだと思います。

「WebデザイナーだからWebをとことん追求する!!! 」と縦の軸をどんどん掘り下げていくことはもちろんですが、

「Webデザイナーだけどイラストが描ける!パッケージデザインの知識がある!」など横の軸をどんどん広げていくことも大切だと思います。

もちろん活躍の場によって求められる知識や専門技術も異なってきますが。

 

さいごに

デザインに関することに限らず、趣味が沢山あったり、様々な知識があったり、引き出しは多い方がいいと思います。

日々アンテナを張って多種多様なクリエイティブワークができるように

挑戦して頑張っていきたいと思います!

読んでいただきありがとうございました!

以上、きなこでした~~~!

デザイナー / 2017.06.28 / きなこ

この記事を書いた人
デザイナー きなこ

growgroup デザイナーのきなこです。

きどらず、なまけず、こつこつと
ブログを書いていきたいと思います。
よろしくお願いいたします!!!

一覧へ戻る