MENU

BLOG

Grow Groupスタッフから様々な情報発信

ホームブログ病院のホームページを制作するポイント(まとめ)

病院のホームページを制作するポイント(まとめ)

ディレクション / 2018.04.04/ 畑中 孝仁

街には欠かせない病院なのですが、近年では、主な広報手段はインターネットになっています。
そして、インターネットでも特に重要視されているのがホームページです。
今回はそんなインターネットで重要視されている、病院のホームページを制作する際のポイントをまとめました。

病院のホームページを制作する前に確認する事

何の目的も持たず、やみくもにホームページを制作しても、作っただけで活用できないホームページになりかねません
まず、制作する前に確認すべき事柄をご紹介致します。

 

ホームページを制作する目的

ホームページを制作する前に、なぜ制作するのかを明確にしましょう。
それはなぜかと言うと、目的感がブレてしまうと、コンテンツやデザインまですべてがブレてしまう事になるためです。
採用活動に力を入れたいの出れば、病院を広報するホームページとは別に採用専用のサイトを制作する方がより就活生にアピールできるでしょうし、患者さんに向けたホームページなのであれば、親しみのあるようなデザインで、病院を詳しく紹介するホームページを制作する事を目的とする必要があります。

 

患者さんが知りたい事はなにか

いったい患者さんが知りたい事はなんでしょうか?
家から近い場所にあるのかを知りたいのかもしれませんし、外来の際に何科があるのかを知りたいのかもしれません、患者さんの知りたい事を明確にしてからホームページを制作する事をオススメ致します。
また、スマホサイトであれば、伝えたいコンテンツの優先順位を決めて制作した方が好ましいですね。
それは、どうしてもPCサイトと比べ、縦長になってしまいますので、ユーザーの検索目的と違うのであれば別のサイトに移ってしまう傾向があるためです。

病院のホームページに必要なコンテンツ

病院のホームページを目的に沿って成功させるためには、どういったコンテンツが必要なのでしょうか?
もちろん、病院のカラーはさまざまで、まさに十人十色です。
その強みやカラーをしっかりとアピールできるように、最低限必要であろうコンテンツをご紹介致します。

 

ヘッダーのキャッチ

ヘッダーとは、トップページにある画像の部分付近の事を指しますが、ここでつかみのキャッチがあると好ましいです。
「地域密着型」や「24時間対応」など、病院の理念や考え方をアピールしたり、利便性を強調する事でユーザーに関心を持ってもらいます。
また、動画を使って病院の清潔な雰囲気を伝えるのも良いでしょうし、「なんだか清潔で親切そうだな~」と伝わればバッチリです。

 

施設の案内

病院にはどんな設備が記載されているのかをホームページで伝える事は重要です。
例えば、待たされるイメージがある病院では、小さなお子様がいるママは託児所があれば便利だと考えていますし、カラダが不自由な方はバリアフリーになっているのかどうかが気になっています。
施設内以外にも、在宅治療をサポートする訪問診療に対応しているのであればコンテンツに盛り込みましょう。

 

SNSとの連動

ホームページ内にFacebookやInstagramなどのアイコンを設置し、いいね!を押してもらう仕掛けを作る事により、SNSでの情報発信を行い、ホームページへの流入を増やすようにしましょう。
ホームページのコンテンツとは少し逸脱するようですが、SNSで定期的な発信は見込み患者にアプローチする事に長けています。
例えば、病気をして入院する際には入院後の生活が気になるものですので、どんな食事が出るのか、施設の雰囲気などを発信していく事により、万が一の時に思い出してもらいやすいようにしましょう。

 

温かみのあるデザイン

多くの方は、病院にはなるべく行きたくないと考えています。
体調を悪くしてしまったり、出産のため仕方がなく病院に足を運ぶ事になるケースが大多数です。
なので、明るい温かみのあるデザインでホームページを制作する事によって、少しでも安心して足を運んでもらいやすくしましょう。

 

レスポンシブ対応

ホームページを制作するうえで、最近マストになってきているのがレスポンシブ対応です。
レスポンシブ対応とは、PCでもスマホでも同じホームページなのですが、利用しているデバイスに応じてサイズの調整を自動で行う事を言います。
年々、PCよりもスマホでインターネットを利用しているユーザーの方が増えてきていますので、スマホで開いたのにPCのサイズだと見にくく、ユーザーが離脱してしまう可能性が高まるからなんですね。

 

Googleマイビジネス

病院の院名・電話番号・住所・営業時間などの基本情報をGoogleマイビジネスに登録し、Google検索以外にもGoogleマップやGoogle+などに連携する事により、よりユーザーの目に止まりやすくなる機会を作る事ができます。
例えば、飲食店をインターネット検索にかけた時に、右側に地図が表示される事がありますよね、スマホであれば一番はじめあたりに表示されるあれのことです。
Googleマイビジネスの項目にはホームページのURLを載せる事もできますので、ホームページへの流入機会を増やします。

アクセスマップ

住所の表記だけではどうしても視認性に欠けてしまうので、アクセスマップを作る事により、来院しやすくしてもらいましょう

ホームページで行うSEO対策

SEO対策(自社サイトをインターネットに多く露出するための対策)を十分に行う必要があります。
同じ市でも病院はたくさんありますので、対象となるホームページにユーザーをより多くの流入を見込んだり、医院に新患を増やしたりするにはさまざまな工夫が必要です。

 

遠方の人は来ないと仮定する

よほど大きな大学病院になると話は別ですが、町の病院に遠方から足を運んでくれる患者さんはほぼ居ないと仮定しましょう。
実際、町の病院に尋ねる時には基本的に家の近くとか職場の近くに行きますよね。
なので、すでに病院名を知っているユーザーであればそのまま病院名で検索しますが、知らないユーザーに対してアプローチをしていく必要があります。
例えば「立川市 産婦人科」や「立川市 眼科」などのように、目的を絞った近辺の人(隣の市まで)をターゲットととして、検索上位になるように制作しましょう。

 

看板の効果はほぼない

よく駅に病院を案内する看板があったりしますよね?
あれはほぼ意味がありません、看板広告を出している病院も自治会などの付きあい程度です。
最近ではインターネットで病院を検索している患者さんが多いので、看板よりもホームページに予算をかけると良いです。
ITのリテラシ―が高い院長さんは少なく、ホームページに予算を割く事を渋る方もいらっしゃいますが、それはある意味チャンスなので、広報手段のひとつとしてホームページ活用していきましょう。

 

定期的な更新

GoogleやYahoo!などの検索エンジンは、検索ランキングを決めるうえで、定期的な更新が行われているかどうかを見ています。
ただ制作だけして放置している状態だと、病院名が分かる人にしか目に触れる機会を作れないので、定期的にニュースリリースなどを配信する事により、ホームページの質を高めていきましょう。

まとめ

今回は、病院のホームページを制作するポイントを書かせてもらいました。
ホームページを制作する目的感をしっかり持ち、患者さんが知りたい情報は何なのかを明確にしましょう。
また、組み込むコンテンツによって、ホームページに流入するユーザー層が変わりますので、こちらもしっかり考えましょう
SEOの定義は広く、さまざまな外的要因やツールがありますが、うまく活用するためには素人には難しいと考えますので、プロにお任せする事をオススメ致します。

ディレクション / 2018.04.04 / 畑中 孝仁

この記事を書いた人
Webディレクター 畑中 孝仁

GrowGroup株式会社のディレクターを行っている畑中です。
主にマーケティングやアクセス解析を中心としてご提案から、サイト制作のディレクションを担当しております。

一覧へ戻る