MENU

BLOG

Grow Groupスタッフから様々な情報発信

ホームブログ【制作会社は不要!?】ホームページが無料で作成できる3つのサイト

【制作会社は不要!?】ホームページが無料で作成できる3つのサイト

ディレクション / 2018.03.11/ 畑中 孝仁

みなさんの会社では自社のホームページはございますか。

総務省が出している、企業ホームページの普及率(27年度版)の一説によると、ホームページの開設率は2005年で85.6 %となりますが、個人的な感想としては、ホームページ開設率の統計自体が、インターネット利用企業に限定されているため、個人事業主や中小企業あるいは多業種におけるホームページの開設率の正確な数字を把握することは困難で、まだホームページを持っていないという会社も数多くあるのではないかと思います。

出典:企業ホームページの普及

会社のホームページがない場合は、「取引先からの信用問題」や「会社の認知」、「新規開拓の営業ができない」といったさまざまなデメリットが考えられます。

そこで、今回の記事では、「制作会社は不要!?会社のホームページが無料で作成できる3つのサイト」をテーマに、ホームページを作る方法(無料・有料)と、無料でホームページを作成する場合のメリット・デメリットやタイプ別の相場から、当社GrowGroupに依頼したときの費用をご紹介します。

① 会社のホームページを自分で作成する場合

画像出典:WIX

会社のホームページは、自分でも作成できます。
そのためには、以下のようなスキルと方法があります。

  • ホームページ作りにかかせない「HTML」・「CSS」の知識がある
  • ホームページ無料作成サービスが利用できる
  • ワードプレス(ブログのようなツール)を使いこなせる
  • サーバーを借りられる人

HTMLとCSSは、ホームページ作りにはかかせないスキルです。少しでもわかると、ホームページを作成することができます。
また、スマートフォンに対応した企業ホームページのひな形やテンプレートなどもあるため、「事業内容」や「会社概要」など「テキスト文章と写真」を変えられるとホームページを作ることは可能です。

ホームページを作るスキルがない場合は、ホームページ無料作成サービスを利用してください。このようなサービスでは、テーマ(ホテル・飲食店・ビューティなど)に合わせたサンプルをもとに自分で作成することができます。

② 会社のホームページを無料で作る方法

ホームページ作成に今はコストをかけるべき出ないとお考えの方には、以下の3つのサービスを活用することで、無料でホームページを作成することができます。

 

ウィックス(Wix)

画像出典:WIX

ウィックス(Wix)は、無料でホームページを作成できます。すでに世界で約9,700万人が利用しています。

使い方は、グーグル(Google)やフェイスブック(Facebook)のアカウント等で作成し、登録したID、パスワードでログインをします。

好きなテンプレートを選択。パズルをはめるように、写真や文章を入力します。作成したら、ホームページを公開することで簡単にホームページ作成を無料で作成することができます。

 

ジンドゥー(Jimdo)

画像出典:Jimdo

ジンドゥー(Jimdo)は、無料・有料でホームページを作成できるサービスです。

ビジネスからプライベートのホームページが用意されているので、仕事や個人のブランディングにおけるホームページ作成にも対応しています。

無料プランもありますが、2つの有料プランもリーズナブルです。

  • プロ:月945円(趣味から仕事まで)
  • ビジネス:月2,415円(企業・フリーランス向け)

無料プランだと少ないサーバーの容量もアップでき、豊富な写真展開などが可能となります。
また、ジンドゥーに詳しいプロによるホームページ作成もあるため、自分にはないアイデアを求めている方は依頼してみてはいかがでしょうか。

 

アメーバオウンド(AmebaOwnd)

画像出典:Ameba Ownd(アメーバ オウンド)

アメーバーオウンドは、アメーバーブログで知られる株式会社サイバーエージェントのサービスです。

シンプルなホームページが無料で作成できます。
Jリーグの浦和レッドダイヤモンズもアメーバーオウンドで作られたホームページを公開しているなど有名な企業やチームも利用しています。

他社では有料のサービスである「独自ドメイン」も無料のため、国内では有力な無料サービスとなります。
※独自ドメインの取得費用は別途発生します。

 

会社のホームページを無料で作成する「メリット」と「デメリット」

メリット①:費用がかからない

1番のメリットは、ホームページの作成に費用がかからないことです。普通は数十万円する費用がいらないので、浮いたお金を商品の開発に充てるといった使い方ができます。

 

メリット②:ウェブデザインのスキルがいらない

会社のホームページを無料で作成するサービスは、ウェブデザインのスキルが不要です。あなたが「html」と「css」を知らなくても、カンタンにホームページが作成できます。

 

メリット③:プロのようなホームページが作れる

自作すると、素人丸出しのホームページができあがります。
ホームページを無料で作成するサービスでは、プロ仕様のテンプレートが用意。
自社の写真やコンテンツを入れるだけで、業者に依頼したようなホームページも完成します。

 

デメリット

デメリット①:サーバーの容量が少ない

ホームページを無料で作成できるサービスは、サーバーの容量が少ない場合があります。紹介したジンドゥー(Jimdo)でも、無料が500MBまでのサーバーに対して、プロが5GB。ビジネスプランは無制限です。
記事や画像の多いホームページを作成する場合は、有料プランまたはサーバーを借りてください。

 

デメリット②:独自ドメインが有料

無料のホームページ作成では、独自ドメインが有料です。cyberagent(サイバーエージェント)」といった名前が、あなたのウェブサイトのURLに入ります。

企業名を消すためには、独自ドメインを取得する必要があります。しかし、無料ホームページ作成サービスでは有料のケースが多いでしょう。

無料で手に入れたい場合は、アメーバオウンドを利用してください。

 

③ 会社のホームページ作成を業者に依頼

会社のホームページを作成するには、有料となりますが、業者に依頼するケースもあります。
この場合は、ホームページ制作会社に費用を支払います。

業者によりますが、オリジナルでホームページを業者に頼むと約30~100万円近くの費用がかかります。
ホームページの費用について詳しく知りたい方はこちらから

そのため、「とりあえず、ホームページが欲しい」、「ホームページから新規顧客の開拓は行わない」、「固定の取引先がいる」といった場合は、まずは自分で作成することも一つの方法かと思います。

「ホームページで集客したい」、「グーグル検索で上位を取りたい」といったホームページを売上アップにつなげたい方は、複数の業者から見積もりを取りましょう。

見積を取る際には、複数のホームページ制作会社から見積もりを取ることをお勧めします。また下記の2つのサイトでは、複数の業者から一括で見積もりを取ることができますので、活用をしてみてください。

 

 

GrowGroupでホームページ作成を依頼した場合の相場

オリジナルでホームページを業者に頼むと約30~100万円近くの費用がかかるとお伝えしました。ここからは、弊社(GrowGroup)の会社ホームページを作成する費用と実績をご紹介します。

 

会社のホームページを作成する費用(GrowGroup編)

会社のホームページを作成する費用は、制作会社によっても大きく異なります。

作りたいホームページの目的や背景、内容やページ数によっても変わるため、一概に言えませんが、一般的な会社案内サイトで15P分の内容の場合、おおよそ60~80万円前後となるかと思います。

ホームページのお見積方式はページの枚数やデザイン性、システム機能や撮影などにより子となりますが、基本的には「工数」と呼ばれる制作するスタッフの人工代金で大半を占めるため、お見積は作業別で算出をさせていただいております。

お見積の詳しい事例はこちらを参照ください

 

 

ホームページの作成実績(GrowGroup編)

GrowGroupが過去に制作を行ったホームページは会社案内から人材の採用サイト、サービスサイトやECサイトなど多数の制作を行ってまいりました。

また、当社の場合、ご提案からデザイン、コーディングと自社内一貫制作を行っておりますので、基本的にはデザインはすべて一社一社オリジナルで作成を行います。
GrowGroupの制作実績はこちらから

まとめ

会社のホームページを無料で作る方法とメリット・デメリットや業者に依頼した場合の相場をお伝えしてきましたがいかがでしたでしょうか。

ホームページは本来広告ツールの一種ですので、ホームページを持つ目的や背景を一度かき出してみると、無料で作成するべきか、コストをある程度かけてホームページ制作業者に作成を依頼するべきか明確になるのではないかと思います。

ディレクション / 2018.03.11 / 畑中 孝仁

この記事を書いた人
Webディレクター 畑中 孝仁

GrowGroup株式会社のディレクターを行っている畑中です。
主にマーケティングやアクセス解析を中心としてご提案から、サイト制作のディレクションを担当しております。

一覧へ戻る