MENU

BLOG

Grow Groupスタッフから様々な情報発信

ホームブログWordPressにメルマガを導入!おすすめプラグイン5選!

WordPressにメルマガを導入!おすすめプラグイン5選!

WordPress / 2019.02.20/ 畑中 孝仁

WordPressを利用する上で、メルマガ配信について考えている方も多いのではないでしょうか。メルマガを使ったマーケティング手法は、今でも多くの方が利用しています。メルマガの配信を行うにあたって、一から準備するのは難しいと思っている方もいますが、WordPressに関してはメルマガのプラグインがあるので初心者でも簡単に導入できます。今回は、具体的に初心者でも簡単に導入できるメルマガのプラグインについてご紹介していきます

 

メルマガとは

そもそもメルマガとは、サイト運営者がユーザーに向けて定期的に配信するメッセージのことを言います。

メルマガは、サイトに興味を持ってくれた方に直接情報を届けることができるので、効率よく告知できるという点が魅力的です。メルマガを使ってマーケティングをしていきたいと思っている方にとっては、必須の機能になります。

メルマガを使用するメリット

メルマガは多くのサイト運営者が取り入れている方法ですが、具体的に導入するメリットとはどのようなことがあげられるのでしょうか。ここではメルマガを導入するメリットについて紹介していきます。

 

売上アップに繋がる

メルマガを導入するだけで必ずしも売上アップに繋がるというわけではありませんが、定期的に配信をして多くの方に登録してもらうことができれば、メルマガがきっかけで商品を購入してくれる人が増えるかもしれません。実際にメルマガを導入して売上がアップしたというサイトは数多くあります。少しでも売り上げをアップさせたいと思っている方は、メルマガの導入を検討されてみてはいかがでしょうか。

 

コスト削減に繋がる

商品やサービスをPRする方法は世の中に数多くありますが、その中でもメルマガ配信は広告費用を抑えて宣伝ができるというメリットがあります。例えば、テレビや雑誌などを使って商品やサービスを宣伝する場合、膨大な費用が発生します。それに比べてメルマガは、興味を持ってくれている方に向けて無料で配信できるので、配信するたびに料金が発生するということはありません。コストを抑えながら効率よく情報を伝えていきたいと思っている方は、導入を検討してみてください。

メルマガプラグインを選ぶときの注意点

メルマガを導入する際に、WordPressのプラグインを使用する方も多いと思いますが、それぞれ機能面などで異なる部分があるので、選ぶ際は慎重にならなければなりません。選ぶ際の注意点として、特にチェックしておきたい部分について紹介するので参考にしてください。

 

メールアドレスの登録に上限がないか

WordPressのメルマガプラグインには、大きく分けて無料と有料の2種類があります。無料の場合、基本的にはメールアドレスの登録に上限が設けられています。無料プラグインの上限は平均1,000~2,000件程度ですが、それ以上のユーザーを集めたいと思っている方は上限のない有料プラグインの導入をおすすめします。

 

配信数に制限がないか

メルマガのプラグインを選ぶ際、メールアドレスの制限以外にチェックしておきたいのが配信数の制限の有無です。WordPressにあるメルマガのプラグインは数が多く、中には月に〇件までと制限をかけているものも存在しています。それほど多くのメルマガを配信しない場合はあまり気にしなくてもいいですが、毎日配信したいと思っている方は配信数の制限をチェックしてから選んだ方がいいでしょう。

また、WordPressのプラグイン以外にも、自身が使用しているサーバーによっても配信数に制限がある場合があります。例えばレンタルサーバーですが、中にはメール配信制限が設けられているものもあります。配信数を気にしている場合は、サーバーとプラグインのチェックを忘れてはいけません。

 

ステップメールがあるか

そもそもステップメールとは、予めスケジュールなどを組んで自動的にメルマガを配信してくれるサービスです。毎回手動で配信するのは面倒と思っている方に便利の機能となっていますが、WordPressのメルマガプラグインに必ずステップメール機能があるかというとそうではありません。中にはステップメール機能がないものも存在します。ステップメール機能はあらゆる手間を省いてくれる便利な機能となっているので、できる限り初めからステップメールがあるメルマガプラグインのセレクトをおすすめします

WordPressメルマガにおすすめのプラグイン

WordPressのメルマガプラグインは数も多いのが特徴的です。特に初心者は選ぶ際に悩む部分も多いと思うので、ここではWordPressメルマガにおすすめのプラグインを紹介していきます。

 

初心者でも扱いやすい「Subscribe2」

Subscribe2:https://ja.wordpress.org/plugins/subscribe2/

WordPressのメルマガの中で最も代表的と言われているプラグインが「Subscribe2」です。メルマガプラグインは英語表記も多いのが特徴的ですが、「Subscribe2」の場合は日本語化されたファイルもあるので、初心者でも比較的簡単に作成することが可能です。メルマガプラグインの中でもシンプルな機能となっているので、簡単に導入できるメルマガプラグインを探している方は「Subscribe2」から使ってみてはいかがでしょうか。

 

ステップメールが可能な「MailPress」

MailPress:https://wordpress.org/plugins/mailpress/

「MailPress」は、高機能ながら無料で使えるメルマガプラグインとして人気を集めています。通常のメルマガ配信ができるのはもちろん、ステップメール機能も備わったプラグインとなっています。ステップメールは無料のプラグインではほとんど備わっていませんが、「MailPress」は全て無料で使うことができるので魅力的です。しかし、日本語には対応していないので、導入に時間がかかる場合や英語を理解できない方は使いづらいといったデメリットもあります。ある程度英語が理解できる方や、できる限りコストをかけずに高機能なメルマガプラグインを導入したい方は「MailPress」を検討してください。

 

日本語化されていて操作が簡単「MAILPOET NEWSLETTERS (WYSIJA)」

MAILPOET NEWSLETTERS (WYSIJA):https://ja.wordpress.org/plugins/wysija-newsletters/

「MAILPOET NEWSLETTERS (WYSIJA)」は、日本語対応のプラグインで初心者でも簡単に導入できる点が魅力的です。操作もシンプルで簡単な作りとなっているので、複雑な機能のプラグインを避けたいと思っている方におすすめです。

「MAILPOET NEWSLETTERS (WYSIJA)」の特徴としては、送信元がGmailかSMTPかセレクトできる点です。近年では、メルマガを配信しても迷惑メールに分類されてしまうケースが多くなっています。GmailかSMTPか選択することができれば、配信したメルマガがスパム扱いとなることはないので魅力的な部分となります。

また、メルマガ配信に活用できるデザインに関しても、数あるテンプレートの中から好きなものを選ぶことができます。デザイン性が優れている点も、「MAILPOET NEWSLETTERS (WYSIJA)」のメリットでしょう。

 

英語だけど操作が簡単な「Email Newsletter」

Email Newsletter:https://ja.wordpress.org/plugins/email-subscribers/

「Email Newsletter」は、完全英語のプラグインとなっていますが、操作自体はとても簡単で初心者でも簡単にメルマガを配信することができます。ステップメール機能などはないので機能面にこだわっている人には向きませんが、まずはメルマガやニュースレターを手軽に送信してみたいと思っている方にはおすすめのプラグインです。

 

自動配信が可能で負担軽減「Knews Multilingual Newsletters」

Knews Multilingual Newsletters:https://ja.wordpress.org/plugins/knews/

「Knews Multilingual Newsletters」は、自動でメルマガを配信してくれる高機能なプラグインです。最初の設定には少々手間がかかりますが、設定が完了できたら途切れることなく配信し続けることができます。「Knews Multilingual Newsletters」は、アップデートによりステップメール機能も追加されたので、高機能なものを使用したい方におすすめです。

まとめ

今回はWordPressのメルマガプラグインについて詳しく紹介しましたが、メルマガには様々なメリットがあります。サイト運営していく中で、売上アップなど力になってくれるプラグインの一つとなっているので、メルマガを活用したい方は今回紹介したおすすめのプラグインなども参考にしながら導入を検討してみてください。

WordPress / 2019.02.20 / 畑中 孝仁

この記事を書いた人
Webディレクター 畑中 孝仁

GrowGroup株式会社のディレクターを行っている畑中です。
主にマーケティングやアクセス解析を中心としてご提案から、サイト制作のディレクションを担当しております。

一覧へ戻る