MENU

BLOG

Grow Groupスタッフから様々な情報発信

HOME > ブログ > 【ホームページ制作の依頼前に、必要な3つの準備】

【ホームページ制作の依頼前に、必要な3つの準備】

コンサルティング,その他 / 2017.10.12/ じぇんきー

おはようございます。 こんにちは。 こんばんは。
どうも。グローグループの最強のWeb初心者。「じぇんきー」でございます。

お客様に初回ヒアリングをさせて頂くときに、稀にではありますが「とりあえずホームページが欲しいんだけど!」のような、何も決まっていないお客様がたまにいらっしゃいます。
もちろん丁寧にヒアリングさせて頂き紐解いていくのですが、事前に考えておいた方が内容の濃いホームページが出来上がりますし、こちらも的確な提案をすることができます。

そこで今回は、ホームページ制作を依頼する前に必要な3つの準備をご紹介させて頂ければと思います。

 

ホームページを作る目的

まずは何といってもホームページを作る目的をはっきりさせることが必要です。
新規で制作するにしろ、既存サイトをリニューアルするにしろ、何か目的があって行うと思います。もちろん、目的はそれぞれだとは思いますが、何か理由がなければそもそもリニューアルや新規で制作する話が出ないと思います。

ですのでまずは、ホームページの新規制作やリニューアルの話が出た経緯を振り返っていただき、目的の整理をしておくと制作会社の人とも話がスムーズにいき、結果、目的がよく反映されているホームページが出来上がると思います。

 

ターゲットとコンテンツの選定

目的がはっきりしてくると次に考えていくことは、ターゲットとサイトの中身(コンテンツ)の部分になります。
例えば、集客を行いたいのであれば、
・どんな人を集客していきたいのか ⇒ ターゲットの選定
・ターゲットに響きそうな内容は ⇒ コンテンツの選定
のような順に考えていくと、ターゲットに対する必要コンテンツの洗い出しも比較的簡単に行うこともでき、中身の濃いホームページが出来上がります。

会社を知ってもらうためのホームページの時も同様、
・そんな人や会社に自社を理解してもらいたのか ⇒ ターゲットの選定
・ターゲットに響きそうな内容は ⇒ コンテンツの選定
のような順に考えていき、自社を理解してもらいたい人や会社に対して、必要な情報提供ができたホームページとなります。

これを予め考えておかないと、方向性が固まってないホームページが出来上がり、ターゲットの方々からすると見にくいホームページができる可能性が高くなると思います。
いいホームページにするためにも簡単でもいいので考えておき、制作会社の担当に伝えられるようにしていきましょう。

 

参考サイトの準備

ターゲットやコンテンツが固まって来たら、次はデザインです。
デザインはホームページの印象を決める一番重要な要素ですので、予め考えておく必要性があります。ターゲットの人や会社にこういった印象を与えたいのでこんなデザインがいいなどと決めておく必要があるのですが、「スタイリッシュなデザイン」や「ポッポなデザイン」というのは何か共通認識があるわけではなく、あくまでもその人の感覚による判断となります。

そこで、互いの認識のずれが起こらないためにも参考サイトをいくつか挙げておくことをお勧めします。
こういった印象を与えたいので、このサイトのここが参考になるとか、このサイトのこのバランスがいいなど具体的な理由もあると、なおいいと思います。
それをお伺いしたうえで、制作会社から新たな提案もすることも可能ですし、理想に近いホームページのデザインが出来上がると思います。

 

最後に

いかがでしたでしょうか。
お客様はホームページを制作するプロではないと思いますので、深掘りした内容まで考える必要は無いと思います。
ただ、ある程度の内容を考えておかないと出来上がりに満足いかなかったり、目的が達成できないホームページになってしまう可能性が高くなります。
ちょっとした事前準備がその後のホームページを左右して行きますので、簡単に事前準備をしていくことをお勧めします!

以上!じぇんきーでした!アディオス!

コンサルティング,その他 / 2017.10.12 / じぇんきー
この記事を書いた人
営業 じぇんきー

某求人広告からWeb業界に来た、最強のWeb初心者

一覧へ戻る