MENU

BLOG

Grow Groupスタッフから様々な情報発信

ホームブログWordPressで会員サイトを作ろう!会員サイトを作れるプラグインもご紹介

WordPressで会員サイトを作ろう!会員サイトを作れるプラグインもご紹介

WordPress / 2019.05.30/ 畑中 孝仁

WordPressを使って会員サイトを構築することができます。これから作ることを検討している方の中には、会員サイトについての基礎知識や活用できるプラグインを知っておきたいという方もいるのではないでしょうか。今回は、会員サイトの基本情報と構築を簡単にするおすすめのプラグインを公開しますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

知っておこう!会員サイトとは?

会員サイトとは、登録をしてくれた会員だけが閲覧できるWebサイトのことです。通常、公開されている多くのWebサイトは、すべての人に情報を提供しています。一方、会員サイトは、閲覧者を限定して会員のみに情報を提供しています。つまり、会員登録をしないとページを閲覧することができません。

会員サイトを作るメリットとは?

では、構築することで、どのようなメリットを獲得することができるのかチェックしてきましょう。

 

限定コンテンツを配信できる

最大の魅力は、限定コンテンツの配信です。特定の人にだけ情報を発信することができます。すべての人が閲覧できるわけではないため、情報公開の範囲が狭まり、結果的に情報の価値が高まります。また、配信するターゲットが絞られているため、ユーザーが求めている情報を提供しやすくなります。

 

ユーザと親密な関係が築ける

ユーザーとの関係性にメリットを期待できます。通常のサイトとは異なり、特別感を演出することができます。例えば、ログインをした後に名前をサイト内に表示させられます。また、特定のユーザーにだけ特別な情報を提供することも可能です。会員サイトは、ユーザーとの関係性も近くなるため、より密接になります。

 

継続率に効果を期待できる

高い継続率にメリットがあります。会員登録をしてくれたユーザーは長期的にサイトを閲覧してくれる可能性が高いです。また、商品を販売しているサイトであれば、長期的に優良顧客になってくれる確率も高いため、継続的に利益を上げられます。さらに、使い続けてくれることでサイトの機能に慣れてもらえるため、使いやすく、競合サイトに乗り換えられる心配も少なくなります。

会員サイトを簡単に作れるプラグイン10選

会員サイト構築する人におすすめできるプラグインがあります。ここでは、優良プラグインを10種類ご紹介します。

 

WP-Members Membership Plugin

WP-Members Membership Plugin

無料で入手することができる会員サイト構築プラグインです。特徴は、素早く記事の中にログインページを追加することができます。インストールをして適応すれば自動で挿入することが可能です。そのため、簡単さに定評があります。また、日本語に対応しており、サポート情報もインターネット上にたくさんあるので、初心者におすすめしたいプラグインとなっています。

 

Memberful WP

Memberful WP

会員サイトに必要な機能をまとめて付け加えられます。例えば、ダウンロード機能、課金、定額支払機能などです。必要な機能を一つ一つインストールする必要がないため、手間が少ないです。プロバージョンと無料版の2種類が準備されており、無料版でも十分にさまざまな機能を使うことができます。

 

Groups

Groups

無制限で会員グループを構築することができるプラグインです。グループを作成することで、それぞれにアクセス制限を設けることができます。そのため、グループによって記事を公開したり、メディアを共有したりといった設定が可能となります。また、Groupsはショートコードを使用することができます。ショートコードを記事内に挿入することで、コンテンツ内の1部分にだけ閲覧制限を設けることができます。例えば、非会員の方には途中まで情報を公開して、重要なところは非公開するということもできるようになります。

 

Ultimate Member

Ultimate Member

機能が豊富に詰まっているプラグインです。ユーザー情報の管理はもちろんのこと、メール送信の設定も行うことができます。例えば、アカウント承認メールなど新規会員に必要なメールやパスワードの変更通知などすでに会員として登録している方に提供するメールをあらかじめ設定しておくことが可能です。機能が豊富なため、初心者は少し学習する必要がありますが、会員サイトに必要な機能をトータルサポートしてもらえます。

 

ProfileGrid

ProfileGrid

幅広い会員サイトに導入できます。例えば、コミュニティを作成した人やコンテンツをユーザーに投稿させたい方も使うことができます。また、メール通知機能も搭載されているため、ホームページからサービスの販売をする人などにもおすすめです。

 

Membership & Content Restriction

Membership & Content Restriction

ECサイトを構築できるプラグイン、WooCommerceと連携することができるプラグインです。そのため、メーカーが特定のユーザーに商品を限定販売することができたり、セールのときに活用できたりします。また、会員登録フォームはショートコードで挿入することができるため、プログラミングの知識がなくても簡単に登録ページを追加することができます。

 

Simple Membership

Simple Membership

課金設定や会員の種類が設定できる会員登録画面を導入できます。また、ログインページとパスワードの再設定画面、プロフィール設定機能を取り入れられるプラグインです。英語が日本語に翻訳されているため、英語が苦手な方でも設定しやすくなっています。しかし、決済など細かな設定はサポートしてくれません。その設定を行うときは、プログラミングの技術が必要になるため、初心者は制作会社などに相談することをおすすめします。

 

Theme My Login

Theme My Login

メール認証機能と管理者承認機能を導入できるプラグインです。特に管理者承認機能は、管理者が承認しないと会員登録が処理されないようにすることができるため、不本意なユーザーは非承認にして、会員を集めることができます。そのため、会員に厳しい審査を設けたい人におすすめです。

 

WP Private Content Plus

WP Private Content Plus

コンテンツに閲覧制限をかけたい人におすすめです。サイト全体に閲覧制限をかけられることはもちろんのこと、特定の部分だけを全ユーザーに開示する設定を施すことができます。また、閲覧制限がかけられたページにアクセスしたとき、リダイレクト設定をすることも可能です。

 

Subscriptions & Memberships for PayPal

Subscriptions & Memberships for PayPal

名前を見れば予測ができる人も多いでしょう。導入することで、PayPal決済をサイト内に導入することができます。クレジットカード決済だけでは満足しない方におすすめのプラグインです。

自力で会員サイトの構築が難しいなら制作会社に依頼しよう!

会員サイトの作成はある程度の知識が必要になり、それなりに難易度も高いと言えるでしょう。自力で作成することが難しいと考えている方は、制作会社に依頼することをおすすめします。
制作会社に依頼をするメリットとしては、外部の知見や技術を活用できることです。専門的知識を持つ方が対応してくれるので、思い通りのデザインや機能を仕上げることが可能です。また、短期間で作成できるのも利点と言える部分です。早く作成をして運営を始めたいと思っているなら一度制作会社に相談してみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回はWordPressで会員サイトを作るメリットや活用できるプラグインについての紹介をしました。会員サイトには様々なメリットがあり、WordPressなら初心者でもある程度の知識があれば作ることが可能です。特に簡単に作成したいと思っている方は、紹介したおすすめのプラグインなども参考にしながら会員サイトの作成にチャレンジしてみてください。

WordPress / 2019.05.30 / 畑中 孝仁

6月5日に弊社エンジニアが執筆した「WordPress標準デザイン講座」が出版されます 6月5日に弊社エンジニアが執筆した「WordPress標準デザイン講座」が出版されます

この記事を書いた人
Webディレクター 畑中 孝仁

GrowGroup株式会社のディレクターを行っている畑中です。
主にマーケティングやアクセス解析を中心としてご提案から、サイト制作のディレクションを担当しております。

一覧へ戻る